MENU

キャッシングする前に知っておきたい基礎知識

キャッシングという言葉は知っていても、「お金を借りられること?」「お金を引き出すこと?」などイメージとしてはけっこうあやふやだという方は多いのではないでしょうか。キャッシングというものは一体どういうことを指すのか、どういったことができるものなのか、キャッシングの基礎知識についてみてみましょう。

 

キャッシングというのは、短期で借りる小口融資のことです。クレジット会社や消費者金融などからATMやキャッシュディスペンサーを通して現金を小額から借りることができます。またそうやってお金を引き出すこと自体を「キャッシングする」などと呼ぶこともあります。特徴としては申込をしてから融資までの対応がスピーディです。しかし、金利は少々高めな設定になっています。

 

なじみのあるキャッシングでいいますと、クレジットカードのキャッシングなどがそうですね。クレジットカードに付帯しているキャッシング機能をつかってお金を引き出すことができます。クレジットカードはショッピング機能がメインの機能ではありますが、キャッシング利用できる枠というものが設けられていてお金を引き出すことが可能です。

 

基本的には小口融資で翌月一括払い、というのがキャッシングの基本ですが、最近では会社によってはリボ払いができたりまたインターネットによる申込が多くなっていて、申込をしたその日のうちにお金を振り込んでもらえるといったサービスもあるなど、キャッシングの定義・線引きは少し変わってきているようです。

キャッシングとカードローンに違いはあるの?

キャッシングと同じように使われる言葉にカードローンというものがあります。どちらもお金を借りることのできるサービスのようですが、どういった違いがあるのでしょうか。実は、現在ではキャッシングとカードローンとの境目はあいまいとなっていて線引きが難しくなってきてはいるのですが、もともとの意味は違うものでした。

 

キャッシングというのは個人向けの短期の小口融資のことです。消費者金融からお金を借りるサービスのことや、またクレジットカードでお金を借りるサービスなどのことを指します。基本的にキャッシングというのは翌月一括払いとなっています。金利は18%で固定、など高めな傾向です。小額だけ借りて一回で返済する、これが基本的なキャッシングです。

 

一方のカードローンはといいますと、こちらも個人向けの融資ではあるのですが、中には限度額が最高1,000万円のものもあるなど小口融資から大口の融資まで幅広いのが特徴です。そのため、カードローンの返済方法はリボ払いが一般的となっています。金利はキャッシングと比べますと比較的低く、4%?18%など借入れ額によって適用される金利が変わってきます。

 

キャッシングとカードローンとの大きな違いは返済方法です。しかしながら、最近ではキャッシングでもリボ払いのものがあるなど変わってきており、明確な違いはなく同じようなサービスのことを指しているようになってきています。

 

もともと、「カードローン」というのは銀行がはじめたキャッシングサービスのことでした。以前は消費者金融のイメージが悪かったこともあり、同じ「キャッシング」という名前にすると悪いイメージを引きずるから、ということで銀行が行うキャッシングサービスのことを銀行カードローンというようなサービス名称にしたのだそうです。それが、最近では「カードローン」という呼び方の知名度が高くなり、消費者金融のキャッシングも「カードローン」と呼ぶようになっています。今では明確な違いはないものの、微妙にその成り立ちなどが違うのが、キャッシングとカードローンなのです。

キャッシングサービスは大きく3種類に分けられる

キャッシングサービスは借入先により特徴が大きく異なります。キャッシングサービスは「銀行カードローン」「消費者金融」「クレジットカードのキャッシング」というように大きく三つに分けることができますが、それぞれどういった特徴がありどういった方に向いているのかみてみましょう。

 

【銀行カードローン】

銀行カードローンはキャッシングサービスのなかでも最も低金利で限度額の高いものになるでしょう。ただしその分、審査は他のキャッシングサービスと比べて厳しい設定となっています。最近では銀行も個人向け融資に対して積極的になってきており、即日融資が可能なものなど審査スピードも向上してきました。銀行カードローンはまた総量規制対象外ということで、借入れ額の年収による法的な制限を受けないことから人気を集めています。

 

【消費者金融】

消費者金融は銀行カードローンよりは金利が少し高めではありますが、審査が柔軟で最短審査時間30分など審査スピードの早さが特徴的です。しかしその金利も近年では貸金業法の改正や各社間での競争の激化により高いと言われていた金利もかなり見直されており、また無利息期間のサービスがあるなど、一概に金利が高いとは言えなくなってきました。限度額に関しては、最高限度額は銀行カードローンと比べますとやや低めですが、消費者金融の場合には総量規制の対象となりますので、借りられる額は総額で自身の年収の3分の1までに制限されます。

 

【クレジットカードのキャッシング】

クレジットカードのキャッシング枠を利用したキャッシングは、既に持っているクレジットカードにキャッシング枠がある場合には申込や審査などは既に通った状態ですので、今すぐに使うことができます。金利は18%固定や15〜18%といったようにこの三つの中でも特に高めな設定となっており、また限度額は基本的に小額なことから、短期・単発での利用という立ち位置で考えておいた方がよさそうです。クレジットカード会社ではまた「キャッシング」と「カードローン」とを明確に分けていることが多く、両方取扱がある場合にはキャッシングは翌月一括払い、カードローンは分割やリボ払い、と支払い方法が異なる商品となりますので、利用の際には注意しましょう。